100:ファイルパスはプログラムからの相対パスで組み立てよう

プログラムが外部ファイルを扱うとき、いざ本番にあげたらファイルがあるのにプログラムがファイルを見つけられなくて困ったことはありませんか? プログラムから外部ファイルの位置を指定する方法を見直しましょう。

具体的な失敗

たとえば以下のようにCSVファイルを利用するプログラムがあったとします。

# このファイルのパスは「project/scripts/read_csv.py」とする

import csv
from pathlib import Path

CSV_PATH = Path('target.csv')

with CSV_PATH.open(mode='r') as fp:
     reader = csv.reader(fp)
     for row in reader:
         print(row)

cover

(中略)詳細は書籍 自走プログラマー をご参照ください

このプログラムは scripts ディレクトリ以外からは実行できないという制限が意図せず生まれてしまっています。

ベストプラクティス

どこからプログラムが実行されても適切に動くようにパスを組み立てましょう。 実行されるプログラムを起点したパスを動的に組み立てて利用すると良いでしょう。

import csv
from pathlib import Path

# 起点となるプログラムがあるパス
here = Path(__file__).parent
CSV_PATH = here / 'target.csv'

with CSV_PATH.open(mode='r') as fp:
     reader = csv.reader(fp)
     for row in reader:
         print(row)

cover

(中略)詳細は書籍 自走プログラマー をご参照ください