2:関数名ではより具体的な意味の英単語を使おう

関数名からはより具体的な意味を類推できることが重要です。 関数名に使う言葉を「より狭い意味」の単語に置き換えることで意味が伝わりやすくなります。

関数名に get_ ばかりを使ってしまった例を見てみましょう。

具体的な失敗

def get_latest_news():
    ...

def get_tax_including(price):
    ...

def get_sum_price(items):
    ...

この失敗では「何かを取得する」という意味ですべての関数名が get_ になっています。 ですが、関数が具体的にどういう動作をするかまで、 get という英単語からは想像できません。 外部へのアクセスがどれだけ発生するのか、どれだけ計算処理が発生するのか、データベースへのアクセスがあるのかわからないのは問題です。

ベストプラクティス

より狭い意味の英単語を使いましょう。 処理の内容を想像できる「より狭い」英単語を使います。

def fetch_latest_news():
    ...

def calc_tax_including(price):
    ...

def aggregate_sum_price(items):
    ...

cover

(中略)詳細は書籍 自走プログラマー をご参照ください